スタッフ紹介

縁あって出会い、アクセスの活動を一緒に創っているなかまたちをご紹介します。

日本事務局スタッフ フィリピン現地スタッフ

日本事務局スタッフ


野田 沙良
Sayo Noda
事務局長

1980年、三重県生まれ。
大学進学とともに京都にやってきて、アクセスに出会う。
大学時代に映画「神の子たち」に衝撃を受け、フィリピンを訪問。企業で2年間働いたのち、フィリピンで2年間暮らし、2007年にアクセスに入職。大好きなバンドのライブに行くことが、何よりの楽しみ。


森脇 祐一
Yuichi Moriwaki
常務理事

1961年、鳥取県生まれ。
学生時代には大阪・釜ヶ崎の日雇い労働者への支援活動を行う。1991年からアクセスの職員として国際協力に携わる。2000年事務局長に就任。2007年から2010年にかけてフィリピン駐在員。帰国後、現職。趣味は読書。現代思想系の他、ここ2年ほどは船戸与一を愛読している。


竹内 彩帆
Ayaho Takeuchi
フェアトレード担当

予備校講師の草の根国際協力の話にひきつけられ、学生時代はカンボジアに通って農村部の小学校に文房具支援活動を行う。大学卒業後は現地でビジネスによる国際協力を仕事にすることを志すも、国内で職を転々とするうち、2016年アクセスに出会い、入職。好きなものは、ギターとお酒とTHE ALFEE。1990年、三重県生まれ。


中村 智子
Tomoko Nakamura
経理・総務・会員対応担当

京都府生まれ。
趣味は一人旅をすること。旅先で人に助けられることが多いため、“私にもできることを!”を体現したくボランティアに興味を持つ。
2014年カフェイベントでアクセスと出会い、奨学生サポーターになる。
2018年アクセスへ入職。

フィリピン現地スタッフ


リサ・クラマー
Liza

事務局長

公的機関、民間企業、地方銀行などの職を経て、2011年アクセスに入職。貧困と抑圧、混とんとした政治や経済の中で生きる人々が絶望感を抱くフィリピンの現状に強く心を動かされる。自分や家族のためだけでなく、同じ地球に住むすべての人のために、働くことの意味と楽しさがあると考える。趣味は縫物、家事、市場へ行くこと。特に市場へ行くことは、その土地の文化や習慣、人々の暮らしぶりを知り、生活の息吹を感じることができるので大好き。


石川 雅国
Masakuni Ishikawa
総務経理・ピナツボ地区担当

大学では食物学を専攻。食品も含めた公害問題に取り組んでいるうちに、忙しくて単位が足りなくなり、中退。その後、父親の実践していた有機肥料、無農薬の農業を目指して、農業経験を積んだ。合わせて井戸掘削や英語の勉強もし、1993年にフィリピンでの農業プロジェクトを開始。以来、現在に至るまでアクセスでスタッフをしている。趣味は子育て。子どもの成長を見ていると、人類の進化の過程を100倍速で見ているような思いにさせられる。


クリスター・ジョン・ララ(ジェリック)
Jeric

都市貧困地区担当

大学では産業組織心理学を専攻。在学中に学生団体を設立したり、リーダーの役割を経験する。2011年アクセスに入職し、現在は都市貧困地区(トンド・パヤタス)の子ども教育事業や青年会などを担当。フィリピンの人びとをエンパワーし、人々が団結して国をよくしていけるようにすることが目標。ゆくゆくは他の国々の貧困問題解決にも寄与したいと考えている。1986年生まれ。


ジセル・フェルナンデス
Giselle

フェアトレードマーケティング担当

若者のために活動するいくつかのボランティア団体で活動したのち、2017年にアクセスに入職。フェアトレード商品の販路を広げることが主な任務。フェアトレード商品の販路を広げることで生産者の数を増やし、フェアトレード事業を持続可能な事業モデルにしていくことが夢。趣味は、漫画を読んだり、ボードゲームをしたり、世界を変えていくことを願いながら1つの単語を書き出すこと。


ラニー・トルダ(ランス)
Lans 
ペレーズ地区担当

ケソン州の農村で、祖父母に育てられた。大学ではマスコミュニケーション学科を卒業。好きなものは猫、文学、時事問題、オルタナティブ・ミュージック、アートと文化。これまで、関心のあるテーマについて、さまざまな団体とコラボしてプロジェクトを運営してきた。2018年にアクセスに入職。


リザ・メルカド
Rizza

ペレーズ地区 子どもの教育担当

ペレーズ出身。大学で中等教育を専攻。幼稚園教諭を経て、2015年にアクセスに入職。人と関わることが好きな性格を活かして、子どもの教育支援事業を担当。3人の子を持つ、ワーキングマザー。趣味は読書。この仕事を通して、地域の人々のために、特に子どもたちのために働けることがうれしい。仕事を通じて、新しい友人や家族ができた。


ジェナリン・オスタガ(ジェン)
Jen

ペレーズ地区 子どもの教育担当

アラバット島ペレーズ生まれ。夫と5年生の娘と3人暮らし。島にある大学の教育学部で2年学んだのち、家政婦をしたり、日系企業の工場で働いていた。幼稚園で補助教員をしていたことも。自分が成長できる仕事に就きたいと思い、2016年にアクセス入職。働く中で、自分の経験や知識を共有して、地域のために働くことの大切さを実感。「人生は、自分のためだけではなく、私を必要としてくれている人のためのものでもある」と考えるように。


ライカ・フェブラー
Lyca

ペレーズ地区 子どもの教育担当

アラバット島ペレーズで育つ。島の大学でコンピューター技術を専攻。一度島を出て働き始めるが、島に戻って商売を始める。家族を養うのに十分な収入が得られず苦しかったところ、アクセスが臨時職員を探していることを知り、応募。2017年より、子どもの教育支援担当として勤務。応募を決断した理由は、「人を助ける仕事につけば、自分に自信を持てるようになるかも」と思ったから。5歳と3歳の娘を育てるワーキングマザー。


ジェリカ・カイラ・バー(カイラ)
Kayla
教育・啓発担当

社会学を専攻し、2019年に卒業。在学中のフィールドワークで様々な人々と出会い、草の根で生きる人々の人生に触れ、それまで以上に社会に関心を持つように。映画祭や音楽祭に行くこと、コーヒーとスリラー小説が大好き。ボランティア活動への参加や、自分の手でいろんなものを作ること(DIY)も好き。NGOで働くことを夢見てきた。組織の成長に貢献し、コミュニティに良い変化をもたらしていきたいと考えている。