講演「『生きる力』で子どもを守る」のご報告

一緒にフィリピンを旅したなかまが就職した会社「LIFULL」。

今回そのLIFULL本社の二階にあるワーキングスペースにて、アクセスの活動を伝える講演会をさせていただきました!

お申し込み下さったのはなんと28名。予想超えるお申し込みと、おしゃれな会場とに、とってもワクワクしながら会場設営を社員の皆さんと進めました。

今回のテーマは「『生きる力』を伸ばして子どもを守る」と言うアクセスの取り組みについて。1997年から始めた子どもたちの小学校卒業をサポートする取り組みが、挫折を乗り越えどのようにして少しずつステップアップしていったか。そして、現在の「生きる力を育む活動」にまで変化していったのか、私自身のライフストーリーも交えながらお話ししました。

講演終了後は参加者の皆さんとLIFULL社員さん4人でグループを作っていただき、感想共有も。その後の質問タイムでは、10以上の質問をしていただきました!

「スラムや農村から抜け出して貧困克服できる方法はあるのか」
「フィリピンにも、生活苦を理由に自殺するような人はいるのか」
「子どもの権利セミナーでは、お母さんたちが非常に熱心に聞いている写真があったが、そのためにどんな工夫をしているのか」

などなど、たくさんの質問にお答えすることで、スピーカー(アクセス事務局長の野田)自身の考えや意見も整理していけるような時間を過ごさせていただきました。

こんな機会を設けてくださったLIFULLの皆さまに、心から感謝申し上げます!

当日のパワーポイントはこちら

イベント情報(終了しました)

アクセスの元学生スタッフや、元スタディツアー参加者が活躍する株式会社LIFULLさん。
社会貢献にとっても熱心なLIFULLさんが主催する、One P’s Night (ワンピース ナイト)に、ご招待いただきました☺

実はLIFULLさんには、フィリピン農村の若者たちのための活動にご支援いただいたり、社員さん向けスタディツアーを共同開催したりと、とってもお世話になっています✨

今回お招きいただいたOne P’s Night (ワンピース ナイト) とは、いろんなNPOをLIFULLさんのワーキングスペースに招いて、その団体の得意分野のテーマについてお話を聴くという集まり。

第7回となる今回、アクセスが担当するテーマは『フィリピンの子どもの貧困』です。

めっちゃおしゃれで、クールなLIFULLさんのワーキングスペース LIFULL HUB http://hub.lifull.com を体感でき、講演は無料。どなたでもご参加いただけます。

ーーーー

「世界で学校に通っていない5歳から17歳の子どもの数は、3億300万人」

フィリピンでも、5人に1人が、小学校さえ卒業できないまま大人になっていきます。
人口の約3割を占める貧困家庭では、学校に通えず、児童労働に従事している子どもたちが まだまだいるのが実情です。

フィリピンの子どもたちの教育支援や女性に仕事の機会を提供する活動を行う、認定NPO法人アクセス様を講師としてお招きし、フィリピンの現状やこれまでの活動についてお話しをしていただきます。

ーーーー

ということで、参加して下さる方を大募集中です!

お話させていただくのは、
アクセス事務局長の野田沙良(のださよ)です。

フィリピンとかかわって17年の経験を踏まえ、アクセスの過去の失敗、そこから学んでたどり着いたここまでの成果など、率直にお話しします。

関東での講演会はめったにありませんので、ぜひご参加ください。


この記事を書いた人

Sayo N

第二の故郷であるフィリピンで、「子どもに教育、女性に仕事を」提供することが仕事。誰もが自分のスタート地点から、自分のペースで成長できるような場づくりを大切にしています。アクセスの事務局長です。
趣味はライブに行くこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします