熱中症対策 ~暑中お見舞い、申し上げます~

「眠れなくても、横になって目をつぶっているだけで、身体は休まるんだよ」

昔、母親に言われたことを思い出したのは、暑さで眠れないある夜のことでした。

寝苦しい夜と溶けてしまいそうな猛暑が続いています。熱中症で救急搬送された方が1週間で1万人を超えたという報道もありました。

記事を読んでくださっているあなたは、お加減いかがですか?

野田も、暑かった。

「最近、身体も頭も重くて、熱中症気味なんです」という筆者の言葉に、

「私も、フィリピンで熱中症のまま通訳してて、しんどいんだよー」と、事務局長の野田。

え・・・何十回もツアーにアテンドしている野田さんは、実は熱中症になりながら仕事していたんだ!と、今更ですが衝撃でした。

ツアーのたびに、ツアー参加者はもちろん、引率している学生ツアーリーダーも熱中症と思われる症状を発症する人が少なくありません。12日間いっぱいフルに活動したい・学びたい、でも身体がついていかない、というジレンマがあるようです。

ツアーの前に開催する事前学習会では、フィリピンの地理・歴史・産業などについて学ぶと同時に、衛生面や健康面での注意点も共有します。熱中症についても、具体的な症状や対処法について説明します。

事前学習会で参加者と一緒に確認する、資料の一部。

フィリピンでの、暑さの過ごし方

ところで、暑いフィリピンでは、どのように暑さに対処しているのでしょうか?

フィリピンでの滞在・出張経験を多く持つ、事務局職員の野田と森脇に訊いてみました。

・暑い時は外出しない。

・昼間は、仕事をしない。(朝早くや夕方など、比較的涼しい時間帯に仕事をする。特に農業従事者の場合)

・水浴びをよくする。

・なにも買わなくても、ショッピングモールに行って過ごす。

・直射日光を避けるため、長そでを着る。

・食事が脂っこい・甘い、酢がたくさん使われている。(これは暑さに関係あるのかなあ・・・)

・夜は扇風機を「強」にした上で、ブランケットをかぶって寝る。(これは暑さ対策というより、蚊対策かな・・・)

・夜中にバケツに水を張っておいて、暑さで目が覚めたら足をつけていた。(野田談)

・おじさんたちは、出たお腹の上までTシャツをまくり上げて、セパレート状態にしていた。

・Tシャツにタオルを引っかけて、背中に垂らす。(写真参照)

そういえば、筆者がフィリピンを訪れた時、カンカン照りの下、雨傘を日傘として差していた人たちがたくさんいたなぁ。

仕事や生活場所によって、できること/できないことがありますが、この暑さをなんとかやり過ごし生き抜く方法を、試行錯誤していきたいと思います。

どうか、くれぐれもお身体にお気をつけて、お過ごしください。